くま吉のトコトコ絵日記

くまちゃんが大好きなプー太郎による、ゆる~い日々を綴ったブログ。

ヘッダー制作冒険記7

こんにちは、くま吉です。

今日は、この記事の続きです。

tocotocokumachan.hatenablog.com

*・*・*・*・*・*・*・*

 

前回、無事にデータ納品がすみ、

あとは原画を郵送するだけになりました。

ここからは、らいち先生と私、それぞれの作業になります。

 

*・*・*・*・*・*・*・*

 

まずはらいち先生から。

制作過程で、すばらしい習作を描いていたのを覚えていますでしょうか?

tocotocokumachan.hatenablog.com

 

習作と、ツイッターヘッダーの原画。

2点を背中合わせにして、リバーシブルの額に入れたそうです。

f:id:tocotocokumachan:20180614021819j:plain

すてきですね〜。

透明の額は、絵の邪魔をしないのでオススメだそう。

ちなみに無印良品のものだそうです。

 

それから、こんなオマケも!

f:id:tocotocokumachan:20180614022158j:plain

ブログの吹き出しに使える、アイコン集!

6パターンとは…豪華ですよね。

 

f:id:tocotocokumachan:20180614031109j:plain

アナログなので、完成稿で修正が出たら大変です。

みにぐりさんとは「修正はラフ稿まで」と約束していたのです。

ですから、らいち先生の予想通り、完成稿は一発OKでした。

先生は、感謝の気持ちとして吹き出しイラストも送ったのでした。

 

*・*・*・*・*・*・*・*

 

次は、くま吉です。

私の場合、描いた絵が

「背景」「マトリョーシカ」「妖精×3」

という感じで、完全にバラけていることが大問題でした。 

f:id:tocotocokumachan:20180614031113j:plain

切り取って貼り合わせてもいいけれど、

なにしろ主人公が不在です…。

(主人公は別便で先に行っちゃったのですからね。)

 

そこで思いつきました。

f:id:tocotocokumachan:20180614031120j:plain

名付けて「新しく描いちゃえばいいんじゃない!?」作戦です。

お花がいっぱいの春の野原に、みにぐりさんや

マトリョーシカさん、妖精さんをまとめて描けば良いのです!

 

出来上がった絵はこちら。

f:id:tocotocokumachan:20180614023204j:plain

みにぐりさん自身も妖精となったイメージで、髪や瞳もグリーンにしてみました。

 

メイキングも公開いたします。

まず下書き〜。

f:id:tocotocokumachan:20180614023045j:plain

 

マーメイドリップル紙をチョイス。トレースします。

f:id:tocotocokumachan:20180614023110j:plain

 

主線は、セピアペンです。

f:id:tocotocokumachan:20180614023119j:plain

 

色をつけていきます。

f:id:tocotocokumachan:20180614023128j:plain

f:id:tocotocokumachan:20180614023138j:plain

f:id:tocotocokumachan:20180614023146j:plain

 

背景にはマスケットインクも使い、

ヘッダー画像を再現したかのような感じに。

f:id:tocotocokumachan:20180614033515j:plain

すみません、写真がここまでしかありませんでした(^^;)

色鉛筆で加筆した後、ホワイトで輝きをプラスしたら出来上がりです。

 

完成したら、額に入れます。

f:id:tocotocokumachan:20180614033652j:plain

私からは、 この絵を郵送いたしました。

そうです、

これにてお仕事終了です…!

 

*・*・*・*・*・*・*・*

 

こちらは後日談です。

f:id:tocotocokumachan:20180614031125j:plain

 

「送った絵は、今ごろどうしているかな?」

そんなことが気になるのも、絵が子どものようなものだからでしょう。

みにぐりさんが写真を送ってくださりました。

f:id:tocotocokumachan:20180614035246j:plain

 

もう一枚。らいち先生の額がリバーシブルです。

f:id:tocotocokumachan:20180614035256j:plain

この、なんていうか…。

絵たちが仲良く並んでいるところを見て、ほっとしたような

すごく嬉しい気持ちになりました。

(スペースをとりまくっていますがw)

みにぐりさん、大切にしてくださってありがとうございます!

 

*・*・*・*・*・*・*・*

 

もはや最初の頃が懐かしいです。

f:id:tocotocokumachan:20180428020337j:plain

最初、依頼を受けた時はこんなふうに、目をまん丸くしていました。

 

アナログの絵描きが、合作をしたらどうなるのか!?

手探り状態で始まったお仕事。

絵のプロであるらいち先生、そしてフリーランスのみにぐりさんにも色々教えてもらいました。

何もかもが勉強になることばかり…。

終わってしまったことが寂しくなるような、すごく楽しいお仕事でした。

もうこんな機会はないのかなー、と思いつつも、またこんな機会があったらいいのに。

お2人には、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

制作記はここでおしまい。

みなさん、長い制作記を、最後まで読んでくださって本当にありがとうございました(ToT)

 

くま吉

*・*・*・*・*・*・*・*

ヘッダー制作冒険記6

こんにちは、くま吉です。

今日は、この記事の続きです。

tocotocokumachan.hatenablog.com

*・*・*・*・*・*・*・*

 

前回、とうとうデータが出来上がりました。

ようやく納品の時がきたのです!

 

f:id:tocotocokumachan:20180608165124j:plain

 

データを送信し、みにぐりさんに確認していただきます。

緊張が走る瞬間(ごくり…)

 

f:id:tocotocokumachan:20180608165130j:plain

 

確認していただき、一発OKでした!

みにぐりさんはとても喜んで、すぐにツイッターのヘッダーを変えてくださりました。

 

 

f:id:tocotocokumachan:20180608165134j:plain

 

みにぐりさんの喜びの声と、

つぶやいた瞬間、たくさんの「いいね!」が届き、

とても嬉しい気持ちになりました。

この喜びがあるからこそ、絵を描く楽しさが倍増するというものです!

 

※絵のデータだけではなく、著作権について記した書類も一緒にお送りしました。

著作権については、絵を描いた時点で自然発生しておりますので、

どこまでお譲りするのかを書類にて明確にしておいた方が良いとのことです。

著作権についてまた書けたらいいなと思います!)

 

そして…

f:id:tocotocokumachan:20180608165138j:plain

 

本当に、迅速に対応していただき、ありがたいです。

名残惜しいけれど、これにて、今回のお仕事は終わり。

 

…と思いきや!

実は、まだやることが残っていたのです。

それについて説明していきましょう!

 

*・*・*・*・*・*・*・*

 

私が絵のお仕事をしたいなぁと思った時、

ひとつの大きな問題にぶち当たりました。

それは…。

 

f:id:tocotocokumachan:20180608165150j:plain

 

これって、誰もが一度はつまずく問題かもしれません。

絵というものは、値段が決めづらいもののひとつかな、と思います。

 

実は…。

f:id:tocotocokumachan:20180608165154j:plain

 

このブログを始める以前にも、友人からの依頼を受けたりしていました。

その時は、「絵を描くことは仕事」とも考えておらず、

ましてや「絵を描くことは能力」だと気づいておらず、

「頼まれて絵描いたけど、お礼ってもらったほうがいいの?」

くらいの感覚でした(バカっ)

 

自分自身がそんな感覚ですから、頼んでくる友人も、

当然のように踏み倒し、値切り、モノでお礼など、

むちゃくちゃな状態でした。

 

そんな状態を引き起こす原因はただひとつ!!

f:id:tocotocokumachan:20180608165158j:plain

 

まず、頼んできた時点でその人に「お金を支払う意思」がなかったのに、

ふわふわとした口約束をして、勝手に報酬を期待し、

最後にがっかりするということを繰り返していました。

 

だからこそ、

f:id:tocotocokumachan:20180608165207j:plain

 

誰かに「絵を描いて」と頼まれたら、

「どんな絵?」「いつまで?」と聞きますよね。

それと一緒に、必ず自分から金額を提示しましょう。

「そんな絵で、お金を取るの?」

「ちょっと、高すぎるんじゃない?」

と言われても、落ち込むことはありません。

時間と労力をかけて絵を描くのです。

この時点で折り合いがつかなかったら、断る勇気も必要ですね。

基本的なことですが、きちんと交渉成立してから仕事にとりかからないと、

後々、困ったことになってしまいます。

 

f:id:tocotocokumachan:20180608165215j:plain

 

イデアを練ったり、絵を描くことには、時間がかかります。

画材や機材も必要で、制作にはお金がかかるのです。

更に言えば、絵を上達させたり勉強するのには気が遠くなるほどの長い時間がかかっています。

その能力を手にするまでに積み重ねてきた時間があるのです。

 

私は今まで、「自分の絵なんて…」という思いがあり、

金額の提示がうまくできませんでした。

でも、みにぐりさんとの今回の仕事を通じて、学びを得たのです。

もう自分の能力を安売りすることはやめました。

 

そのきっかけになったのがこちらの事件です。

なんと…

f:id:tocotocokumachan:20180608165222j:plain

(金額は明かせませんので、フェイクですw

ここでは仮に、2000ミニグリペソとします)

 

さすがはみにぐりさん、こちらが金額を提示しなくても、

絵を依頼する段階でしっかりと報酬のお話をしてくれました。

しかし予想外だったのは、その金額が高すぎたこと。

 

私は腰を抜かしてしまい、パニックになりました。

f:id:tocotocokumachan:20180608165235j:plain

 

そんな金額ぜったいにもらえないよぉ〜

自信がないと泣きながら、

「先生に相談するので待ってください!!」と言って、

らいち先生のところへやってきました(駆け込み寺かっ)

 

f:id:tocotocokumachan:20180608165239j:plain

 

「半額にしてもらおう」と泣きついた私に対して、

らいち先生はこんなことを言いました。

 

f:id:tocotocokumachan:20180608165244j:plain

 

f:id:tocotocokumachan:20180608165252j:plain

そのとき、冷や水をあびせられたかのようにびっくりしました。

 

「みにぐりさんは、その金額を提示してくれたんだ。

ならば、値下げしてもらうんじゃなく、

金額に見合った価値を生み出そう

 

そんな考え方があるのか…!!

自信がないから値下げしてもらおうと思った私。

逃げていますよね。

私の絵にはそれだけの価値があると、みにぐりさんは言ってくれたのです。

そんなみにぐりさんの思いに対して、逃げようとしました。

心底、自分を、恥ずかしく思いました。

 

だけど…

f:id:tocotocokumachan:20180608165255j:plain

 

2000ミニグリペソほどの価値のある仕事って何だろう?

らいち先生は、せっかくアナログで絵を描く私たちだからこそ、

原画を額装して送ろうと言いました。

それはいいアイデアだ!!!

 

みにぐりさんに

「2000ミニグリペソ受け取る代わりに、原画を輸送いたします。いかがですか?」と提案しました。

みにぐりさんは快諾してくださり、これにて交渉成立し、今回の仕事は始まったのです。

 

*・*・*・*・*・*・*・*

 

さて、つまり、データは納品したけれど、まだ仕事は終わっていません。

次回「オラ、原画を納品すっぞ!」お楽しみに〜!

 

くま吉

*・*・*・*・*・*・*・*

ヘッダー制作冒険記5

こんにちは、くま吉です。

今日は、この記事の続きです。

tocotocokumachan.hatenablog.com

毎回、たくさんの反響をいただき嬉しい限りです!

もう少しだけ続きますので、よろしくお願いいたします。

*・*・*・*・*・*・*・*

 

前回、私の分担は描き終わり、お揃いの画材も手に入れました。

とうとう、らいち先生が本番を描く段階まできました!

 

らいち先生が描くのは、メインであるみにぐりさん。

うーん…。

あの「寝そべりポーズ」って、難しそうじゃないですか?

想像で描くのはちょっと厳しいよね。

かといって、みにぐりさんにポーズ写真を頼むわけにいかないし…。

 

そこでらいち先生はどうしたのでしょうか。

マジで本人にご登場いただきましょう!

 

*・*・*・*・*・*・*・*

 

f:id:tocotocokumachan:20180531014652j:plain

 

f:id:tocotocokumachan:20180531014701j:plain

 

f:id:tocotocokumachan:20180531014706j:plain

 

f:id:tocotocokumachan:20180531014709j:plain

 

f:id:tocotocokumachan:20180531014712j:plain

 

f:id:tocotocokumachan:20180531014716j:plain

 

えー、なんと!

あの可憐なイラストのモデルは、らいちさん本人だったのです!(暴露)

実演し、納得のいくまで自撮りしたところ、腰が痛くなってしまったようです。

 

ポーズを撮った甲斐があって、こんなにリアルになりました。

f:id:tocotocokumachan:20180522031340j:plain

 

f:id:tocotocokumachan:20180531014656p:plain

 

やっぱり、これを見てしまうと、

きちんと「見て描く」ことの大切さを思い知ります!

 

イラストって、なんとなく想像で描くこともできますよね。

お手本がなくてもそれなりに描ける人は、絵が上手…なんていう世論(?)も

あるかもしれません。

 

しかし実を言うと、絵の基本は「よく見て描く」こと。

デッサンもそうですよね!

「本物をよく見る」「見えた通りに描く」

これは、絵の基本のきです。

 

そのために自撮りまでしていた、らいち先生。

私も見習わなくてはと思いました!

 

*・*・*・*・*・*・*・* 

 

さて本番を描く前に、もうひとつ注意しなければならない点があったのです。

それは…

f:id:tocotocokumachan:20180605172950j:plain

 

わざわざ、全く同じペンを用意したのです。

もしらいち先生が、私の絵より大きく描けば

最終的に絵を縮小することになり、線が細くなってしまいます。

もし小さく描けば、拡大することになり、線が太くなってしまいます。

つまり、同じ紙の上に描くイメージで、絵のサイズを揃えなければなりません。

 

私が送ったデータを見て、らいち先生が言いました。

人物は、ハガキ大ってとこか…。

 

あわてて確認すると、

f:id:tocotocokumachan:20180531025114j:plain

f:id:tocotocokumachan:20180531025121j:plain

えぇぇ。ちょうどハガキサイズ!

なんで分かったんだろう〜!

 

Photoshopの画像解像度メニューから、サイズがわかるよ。
くま吉のことだから、スキャン画像をリサイズしてないだろうと思ってね。
背景だけ切り抜いて単位をcmにしたら高さが9.2cmくらいだった。ハガキサイズは短手が10cmだから…。

 

なるほど、そのように測っていたのですね。

こうして、くま吉タッチ、らいち先生モデルのみにぐりさんが、ハガキサイズの紙上に描かれたのです!

f:id:tocotocokumachan:20180531025750j:plain

素敵、素敵〜!

 

f:id:tocotocokumachan:20180605173034j:plain

 

この絵をスキャンして、私の絵とPhotoshopで合成していきます。

そのときSkypeでビデオ中継してもらったのですが、

技術がすごくて、マスクの使い方がよく分からなかった…

復習したい方は、こちらの記事をどうぞ!

azulitchi.hatenablog.jp

 

ちなみに、タイトルのフォントも一緒に選びました。

f:id:tocotocokumachan:20180605171509p:plain

 

さて、これでデータは出来上がりました。

次回「納品そして、報酬と向き合うこと」お楽しみに〜!

 

くま吉

*・*・*・*・*・*・*・*